HOME>Column>ヘアトリートメント選びの重要性【潤う髪に有効的な成分について】

ヘアトリートメント選びの重要性【潤う髪に有効的な成分について】

ボトル

ヘアトリートメントの有効成分

ツヤとコシがあり、手ぐしがするんと通るような髪でいたい、これは誰でも共通の願いです。濡れ髪を放置しないことやブラッシングも重要ですが、美しい髪づくりにはヘアトリートメントこそが最も重要と言えるでしょう。トリートメントにはいろいろな成分が含まれていますが、自然由来の成分(オリーブオイルや蜂蜜)が含まれているものは髪へのダメージも少なく、扱いやすいと考えています。手触り良くしあがるシリコンもおすすめですが、髪にダメージがある時は却って状態を悪化させてしまうので、ノンシリコンのものを選ぶのがオススメです。特にダメージが酷い時期は保湿効果のあるオイル系や美容液成分が多く含まれたちょっと高価なトリートメントで応急処置を心がけていると、多少手入れを怠ってもツヤやまとまりを維持できているような気がします。

ボトル

ヘアトリートメントの種類とそれぞれの使用方法について

お風呂から上がってドライヤー前に使用するアウトバスタイプ、お風呂で洗い流すタイプなど、ヘアトリートメントの効能や使いかたはそれぞれ異なります。洗い流すタイプは安価で扱いやすい一方で、アウトバスタイプは強力なダメージ補修力が期待できるでしょう。トリートメントの形状にも違いがあり、手で伸ばして使用するオイルやクリーム、吹きかけるタイプのスプレータイプなどがあります。オイルは保湿力が高いので秋冬の乾燥しやすいシーズンには重宝していますが、つけすぎると油っぽくなるので注意が必要です。スプレータイプのトリートメントは全体にまんべんなく使えるので、アホ毛対策として出かける前にサッと吹き付けています。自分の髪質に合ったトリートメントをシチュエーションによって使い分けるのが賢い使い方ではないでしょうか。