女の人

シミの化粧品の驚くべき効果|継続ケアで色素が消える

お肌の特徴と有効成分

ウーマン

知っておきたい基礎知識

お肌の潤いを保つ基本的な対処法は、化粧水を使用する事です。化粧水はお肌のタイプに合わせて様々な商品が発売されていますが、その中から自分のお肌にあった化粧水を使用する事が大切なのです。特に敏感肌の人は、化粧水の選び方に注意が必要であり、敏感肌の場合だとほんの少しの刺激でも炎症を発生させてしまいます。そのため、化粧水が合わないと、お肌が赤くなったり、ブツブツが出来やすくなります。敏感肌の原因の多くは、乾燥です。従いまして、乾燥を防ぐために十分に保湿する事が重要となり、毎日続ける事が大切です。少しでも怠ってしまうと、敏感肌に戻ってしまいやすくなります。また気温が極端に下がったり、湿度が下がるような日も注意が必要となるため、気候の変化にも気をつけて、敏感肌にあった化粧水を使い保湿し続けましょう。

成分に注意する

敏感肌用の化粧水を使用するにあたって、注意しておきたい点があります。それは、有効成分を確認すると共に、刺激のある成分が含まれてないかチェックする事です。保湿に有効な成分は、セラミドやアミノ酸です。セラミドにはバリア機能がある為乾燥になりにくい環境を作る事が出来ます。アミノ酸は保湿効果のある成分として評価が高いです。続いて化粧水に含まれている成分のうち、敏感肌には刺激の強い成分について説明します。刺激の強い成分は、アルコールや香料、着色料などです。従いまして、化粧水にノンアルコールとか弱酸性と表記されてる商品を選ぶようにしましょう。もちろん、そのように表記されていても刺激を感じる場合もありますので、可能であればテスターでチェックしておくと安心です。